トレンドワード!袖コンシャスを解説

sd_blog_blouse01

最近よく聞くファッションワード「袖コンシャス」
では、袖コンシャスな服とはいったいどういった意味なのでしょうか?

コンシャスとは?

コンシャス(conscious)とは、意識的な、意識しているさまという意味があります。

1980年代に流行した「ボディコンシャス」というワードは、皆さん聞き馴染みがあるんでしゃないでしょうか。
その文字の通り、ボディラインに意識が集まるワンピースなどのファッションを指します。

そして近年のファッション業界でトレンドになっているのが「袖コンシャス」。袖にボリュームやデザインがあるアイテムです。

袖コンシャスのメリット

袖コンシャスのアイテムには、様々なメリットがあります。

●腕をカバーしてくれる

袖にボリュームがある分、腕のラインをカバーしてくれます。
ショートスリーブのアイテムなら、気になる二の腕のラインも隠れるので、夏場も活躍しそうですね。

●ファッション性が高い

ボリュームがある服で体型をカバーしようとすると、オシャレさに欠けてしまうことも。
しかし袖コンシャスのアイテムは近年のトレンドにもなっており、オシャレを楽しみながら体型をカバーできる利点があります。

2020年もブームは継続

2020年春夏コレクションでも「CHANEL(シャネル)」や「STELLA McCARTNEY(ステラ・マッカートニー)」、「Chloe(クロエ)」といったスーパーブランドが、袖コンシャスなアイテムを発表しています。
ブラウスにとどまらず、ジャケットやスポーツウェアにも使わているんです。

2020年も継続して流行している「袖コンシャス」。
その中でも今年は、ジゴ袖という肩部分だけが膨らんだデザインのアイテムがトレンドにもなっていますね。

ぜひ皆さんも自分に合う袖コンシャスを見つけてみてください。

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest