FASHION BATON
INTERVIEW VOL.10

辻野麻衣子さんの

気持ちを動かしてくれる
ファッションの存在

Introduction

SDGsや1億総活躍社会など、女性が仕事で活躍する機会が増える中、ライフステージの変化を迎えファッションに悩んだり、楽しむ女性達に今の想いをインタビュー。
好きな服を見つける方法、お気に入りのアイテム、バッグの中身を見せてもらうことで今の女性達のリアルなファッションをお届けします。

sd_i10_profile01

maiko tsujino

辻野 麻衣子さん

1982年生まれ。
10年近く働かれたシューズデザイナーのお仕事から、英語翻訳サポートと人事のフリーランスへと転身された1児のママ。現在はテレワークで働きながら子育てを両立。
身体を動かすのが大好きでで、趣味のヨガは6年間継続中。
Bina126というルームシューズのブランドを運営。子育てが少し落ち着いたら、デザイン分野での新しいチャレンジも目指していらっしゃいます!

ファッション

ーー普段はどのようなファッションが多いですか?

年齢を重ねるにつれて、シンプルなファッションが好きになってきました。 シンプルな分、洋服のシルエットや着心地など、ディテールを見るようにしていますね。

子供が産まれる前と後ではファッションが変化していて。
昔は直感的にインスピレーションでファッションを選んでいましたが、最近の洋服選びは凄く慎重で、「この服を着てどれだけの満足度を得られるか」を考えていますね。
あとは前職がシューズデザイナーだったこともあり、アクセサリーやシューズで遊んだり、小物で外すファッションが好きです。

デニムにサンダルのカジュアルスタイルでお出かけ

服装をガラっと変えて気分もリフレッシュ!

ーーーONとOFFでファッションの違いはありますか?

在宅で仕事をしているので服装の違いは特にないですが、子供といる時とそうでない時でのONとOFFはありますね。

子供といる時にはちゃんと洗える服、あとはシワにならなそうな服など機能性を重視しています。公園などに遊びにいくことも多いので。

子供と一緒じゃない時はあまり無いですが…主人と二人で出かけたりご飯に行く時は、普段着れないような繊細なデザインの洋服だったり、パンツや靴もカジュアルなデニムやスニーカー以外を選んでコーディネートしています。ピアスも普段付けられないフープピアスしたりとか!
たまにこういう日があると、気分も上がります!
こうやって色々考えられるようになってきたのは本当に最近で、子供が生まれてからの1,2年はあまりファッションにこだわろうという気にならなかったんです。

あまり寝ない子だったのでほぼ寝不足な状態で、それに加えて出産した3ヶ月後には仕事を再開してしまったので、仕事して授乳してご飯作って、、
もうボロボロで、「このままじゃダメだ!」と思って今は少しずつまたファッションを楽しんでいます。

元々仕事が好きで、出産前から早く仕事復帰したい気持ちが強かったんですけど、さすがに無理し過ぎたなって少し思います(笑) ただ仕事で外との関わりを持つことで、育児の気分転換になりましたね!

ショッピングの

お子さんもしっかりカメラ目線!

ーー普段のお買い物の仕方を教えてください!

暇さえあればオンラインショップを見ています(笑)「物を実際に見ないで買うなんて!」と考えていたタイプなのですが、子供の出産を機に買い物の仕方がガラッと変わりましたね。
以前は目的もなくプラプラと街を歩いて、自分の目で見て袖を通し、お店の方とお話をして…その全ての時間を含めてショッピングを楽しんでいました。職業柄知らないお店や、周りの人のファッションを見るのも好きで。

子供を出産してからはあまり買い物の時間が取れないこともあって、オンラインショッピングを使うようになりました。少ない時間で色々なアイテムを見れて簡単に比較できますし、ネットの便利さを実感しましたね!

1番利用しているのはUNITED ARROWSのオンラインショップです。好きなブランドが多いので、よくチェックしていますね。 あとはMAISON SPECIALも気になっています。程よいトレンド感と他にはない色展開が多く、値段も手頃なのでチャレンジしやすいです。

辻野さんの愛用アイテム

1.スラックス #roku

自分の体型にあっているシルエットなので、すごくお気に入りです。
一度気に入ったものがあると、だいたい同じブランドで買い続ける傾向があります。特にボトムはサイズ感が難しいので、気付くと同じブランドタグのボトムばかり…という感じです(笑)

1.エアフォース1 #NIKE

スニーカーでは、ここ最近のベストです。少し厚底になっているので、パンツを穿いた時の脚長効果もありますし、何よりも履き心地がいいですね。
妊娠中に買ってからずっと愛用しています。白なのでカジュアルにもキレイめにも合わせやすく、重宝しています。

洋服選びは

ーーライフイベントを通してファッションに変化はありましたか?

10代の頃は自分に何が合うのかわからずバラバラのテイストのものを着ていましたね。 雑誌でいったらOliveが好きで、ジェーンバーキンやソフィア・コッポラのファッションに憧れていました!

20代で働き始めてからは自分のお金で洋服を買えるので、たくさん買い物するようになって。明るい色を身につけるようになってきてから、ファッションの楽しさをより感じ始めました。
ただ洋服の系統はまだまだ定まらずに、直感やインスピレーションで買い物していたと思います。
30代になってやっと自分の好きなものがわかってきて、1番影響が大きかったのはここ数年です。 結婚・出産とライフイベントを重ね、着心地を重視したり長く愛用できるものを求める様になってきました。

以前は仕事に行ったり友人と会うことが大きい時間をしめていたので、出かけた時に気分が上がる服を選んでいましたが、今は子供といる時間が長く、外へ出かけることも少なくなったので、自分が何に対して気持ちが動くのかっていうのが見えてきて、“周りの目を気にするファッション”から”自分の気持ちを表現するファッション”に変化したんです。

産後は中々買い物する時間もなく、出かけられない分気持ちも落ち込んだりして、そんな時にネットでいくつか服を買った時に凄く嬉しい気持ちになったんです。 どこかに出かける予定は無かったんですけど、その時に服の力って大きいなって実感しました。

視野を広げてくれた

インターン先のイタリアの靴工場での1枚

ーーーどういったきっかけでシューズデザイナーになられたんですか?

学生時代にファッションに興味を持ち始めて、大学ではテキスタイルの勉強をしにイギリスに留学したんです。
洋服やアクセサリーなど様々なジャンルのファッションアイテムに触れていく中で、段々とシューズに惹かれていって、日本に帰国して最初に就職したのが靴の工場でした。

Fashion
Baton

ーーーシューズデザイナーからなぜ転職を決意されたんですか?

環境汚染や廃棄の問題が転職のきっかけの1つかもしれないです。靴は衣類よりも細かいサイズ展開がある分、在庫が余って廃棄になるケースが特に多かったんです。

数年前からサスティナブルや環境に配慮したファッションが流行して行く中で、廃棄量の多い靴の業界に少しずつ疑問が大きくなってきました。

また、かれこれ10年近く働いていたんですが、最後の方に大きなプロジェクトに携わっていたんです。そのプロジェクトも無事に終わって、達成感だったりやりきった気持ちが凄く強かったので、このタイミングで転職を決意しました。

デザインの仕事はとても好きですが、人生1回きりですし、会社の中ではなくて、自分を看板にして仕事をしていきたいなと思ったんです。 決めるまでは凄く悩みましたし、時間もかかりましたが、チャレンジするならこのタイミングしかないと思い、結婚をした34歳の時に退社しました。

お子さんもお仕事中かな?(笑)

大きい規模の仕事になればなるほど色々な人が関わってくるので、自分が思うことややりたいことができなくてフラストレーションが溜まる時もありましたが、会社にいる以上仕方のないことだと思って過ごしていました。

自分でやると決めてからは、本当にやりたいことは何か、どんなものが好きなんだろうか、と考えて、一旦シューズをお休みして、英語翻訳の仕事を始めました。
今は子育てと両立しながら、週に3日テレワークで働いています。

デザイナーの時に働く女性をターゲットにしていたんですが、いざ自分が別の職種を経験してみると、あの時見えてなかったことは多いなって思うんです(笑)
今だったらこういう風に考えるのに、こんなシューズがあれば喜ばれそう、とか気付くことも多くて。

子育てが落ち着いてきたら、今の仕事での気付きを活かして、デザインの仕事もしていきたいですね。

を見せて下さい!

Things in my bag

1. Bag

ご友人から誕生日にいただいた、BUNZABUROのSHIBORI BAG

2. Card case

GOYARDのカードケースは大人なブラウンカラー

3. Wallet

前職を退職した時に取引先からいただいた、LOEWEの赤い財布

4. Sunglasses

日差しが強い日に公園に行く時には、Ray-Banの便利な折りたたみ式のWAYFARER

5.Hand gel

香りが癒やされる、Aesopのハンドサニタイザージェル

6. Care item

お子さんと兼用の日焼け止めクリーム

7. Towel

吸水性バツグンのABYSSのタオル

maiko tsujino
×
seven dot

seven dotのアイテムを着ていただきました!

ショルダースリット リブカットソー

seven dotのカットソーに合わせていただいたのは、お気に入りのrokuのスラックス。
足元はご自身でデザインされたセパレートパンプスで、カジュアルながらも上品なコーディネートに!

カットソーは肩にスリットが入っているので、髪を上げて首元を見せるのも◎

Interview by    Kazuki Eto

Other Interviews

Fashion Baton Interview vol.9
永く大切に。山口りえさんの音楽とファッション

Fashion Baton Interview vol.11
戸田さと美さんの起業で変化したファッションと働き方

Other Contents

Fashion Baton Interviews
-ファッションを楽しみながら仕事をする女性たち-

seven dot TIPS
ファッションにまつわるマメ知識をお届け!

KIMAWASHI 1週間コーデ
広告代理店女子の”きちんと見え”着回しコーデ術