FASHION BATON
INTERVIEW VOL.12

中原麻衣子さんの

つないでいく食とファッション

Introduction

SDGsや1億総活躍社会など、女性が仕事で活躍する機会が増える中、ライフステージの変化を迎えファッションに悩んだり、楽しむ女性達に今の想いをインタビュー。
好きな服を見つける方法、お気に入りのアイテム、バッグの中身を見せてもらうことで今の女性達のリアルなファッションをお届けします。

sd_i13_profile01

maiko nakahara

中原 麻衣子さん

1978年生まれ。
台所文化伝承家/食育・受験フードアドバイザー
大手金融会社に勤めながら食関係の資格を取得され、現在はつながるキッチン代表として「食と農業」を軸に日本の食文化を未来につなぐ活動をされています。Webを活用したオンラインレッスンも開催!
149cmと小柄な2児のママで、Fashion BatonVOL.9 山口さんのご友人です。

着こなし

ーー普段はどのようなファッションが多いですか?

基本的に平日はキレイめ、週末はカジュアルな洋服を着ているのですが、最近は在宅での仕事も多いので平日でもカジュアルなファッションが多いかもしれません。
在宅の時は機能面を重視していて、肌触りや着心地、あとは動きやすさが大事なポイントですね!

キレイめな服は私の中で”お出かけ用”といったイメージがあって、外での仕事の時や友人とお出かけに行く際にはキレイめなファッションを意識しています。

Fashion
Baton

お料理教室での1枚

オンラインにてインタビューを実施しました!

ちなみに、今日はONとOFFどちらでも着られるような服を選びました。
気温が高めだったので、少し胸元が開いている光沢のある素材のトップスできちんと感を出しつつ、ボトムはデニムにしてカジュアルさも取り入れました!最近はスカートよりもパンツスタイルが多いかもしれません。

今日のようなファッションもありますし、子供向けの料理教室になるとカジュアルでカラフルな洋服を着ることも多いです!
子供の目から入る情報って素直なので、わかりやすい色や柄があると気分も上がってくれるというか。見た目の印象に繊細な部分があると思うんです。
なので柄が入っていたりパステルカラーの洋服を意識して選んで、エプロンをするのが料理教室でのファッションポイントです!

ーーファッションの情報はどこから取り入れますか??

InstagramなどのSNSをよく見ているので、そこからの情報が多いです。意識的にファッションの情報を取り入れよう!とはあまり思ってはいないのですが、友人だったり好きなファッションブランドの投稿が目に入り、こういうのが今流行っているんだ!と自然とトレンドの勉強になっていることも。

いいなと思う洋服を見つけると、そこから引き込まれてデザインをチェックしているんですが、購入するまでには至らないんですよね。
私身長が149cmと小柄なこともあって、ネットで洋服を買うとサイズが合わないこともあり。
なので、凄く気になったアイテムがあっても直接店舗に行って袖を通してから購入するようにしています!

この日はキレイめコーデでお出かけ

ーー普段のお買い物の仕方を教えてください!

先程少しお伝えしたとおりネットでの買い物は少なく、基本的には直接お店を回って洋服を買うので、以前は近所のお店にフラっと立ち寄ることも。そこで購入することが結構多かったのですが、最近は外出の機会が減ってしまったので自然と買い物の頻度が少なくなりましたね。
たまの外出でいいなと思った洋服を見つけても、今シーズンはあと少ししか着られないから来シーズンにしようかな!と買うのを躊躇したり、少し購買意欲自体落ちてしまっていましたね。

新型コロナの影響もありますが、昔に比べると洋服選びは慎重になったかも知れません。
以前は毎日違う雰囲気の服を着ていたい!という思いが強かったので、買いやすい価格帯の洋服をたくさん揃えるような買い物の仕方でしたが、今は良いものを長く愛用していたいという意識に変わって、1シーズンで寿命がきてしまうものより、何年着ても着崩れないものを選ぶようになりました。

ファッションの楽しみ方

ーー良いものを長く愛用するようになったきっかけは何かありましたか?

子供の成長がきっかけになりましたね。子育てをしている時はとにかく動きやすさ重視で、UNIQLOやZARAといったファストファッションのアイテムをメインに洋服を選んでいました。
出掛ける時はそういった洋服にアクセサリーやバッグといった小物を合わせてみたり。洋服でオシャレというより小物使いでオシャレを楽しんでいましたね。

やっぱり子供が小さい時って汚れても大丈夫な服、機能性重視のファッションになりますよね。とてもヒールを履いて子供と出かけるなんてできませんでしたし、、(笑)
今は子供も大きくなってきて、洋服を汚されちゃう心配もなくなってきたので、 自然と質の良い洋服に目がいくようになって、着る洋服の選択肢が増えたなと感じています!純粋にオシャレを楽しめるようになりました。

Instagramではお弁当の中身を投稿中!

この日のキッチンスタジオは子供たちで満員に!

最近は娘が中学3年生になりオシャレに目覚めてきたんです。よく一緒に買い物にも行っていて、今の中学生のトレンドを教えてくれるんです。
娘もファッショントレンドの情報源かもしれませんね(笑)

娘世代のファッショントレンドを私が同じように取り入れるのは難しいですが、似たような雰囲気で着れるアイテムを探したりして。それでいうと最近は、袖にボリュームがあるトップスを買いました。
娘が大きくなったからこそ、一緒にファッションを楽しむことができています!

娘がもっと大きくなったらブランド物に興味とか持ち始めるのかな?と思っていて、実は若い頃に集めたLOUIS VUITTONやGUCCIなどのハイブランドのバッグは捨てずに今でも大切にしまっているんです。
時期が来たら娘に使ってもらいたいと思っていて、今から渡すのが楽しみですね。 こうやって自分だけでなく世代を超えて使い続けられるのも、上質なアイテムのメリットだと思います。

ーー昔から愛用しているアイテムはありますか??

✓ CELINEのバッグ
出産前から愛用しています。とても気に入っていて、使い古したらまた同じシリーズのバッグを買うほどです。

✓ シューズ
どのアイテムがというわけでないですが、基本的にシューズは長く履くことが多いです。昔は小柄な体型を気にしてヒールのあるものばかり履いてましたが、子育てをきっかけにフラットシューズが多くなりました。
最近は、ヒールもフラットシューズもその日の気分だったり、洋服に合わせて選んで履いています。

を仕事に

オンラインレッスンも大好評!

ーー今のお仕事、つながるキッチンを設立されたきっかけを教えてください!

金融会社で働いていた時、娘を出産で育休を取得したんです。毎日子供と一緒にいると目の前で成長を感じてそれを見てママも負けてられない!という想いになって。
子育てをしつつも時間があったで何か好きなことで資格を取れたらなと思い、元々食べることが好きだったので野菜ソムリエの資格を取りました。
育休後はOLとして働きながら野菜ソムリエの仕事も少しやらせていただいてたんです。

その後息子を出産し、2回目の産休・育休の期間にホームパーティースタイリストの資格を取りました。お休みの時間がある時に、趣味の延長のような形で資格を取ったんです。
そんな時に東日本大震災を経験。明日自分の身にも何が起こるか分からないと感じたのをきっかけに自分が好きな食に関することを仕事にしたく、つながるキッチンを設立しました。

つながるキッチンでは、食育と農業の2つをメインとして子供から大人までの食育に携わるとともに、熊本県山都町の棚田保全活動の一貫で無農薬無化学肥料の米作りをしています。
そのほかにも食の家庭教師「感謝の食卓」やマナー講座から独立した「たった20分で変わる!中原麻衣子式美しい箸の持ち方教室」も開催し、全国から老若男女の方がご受講されるクラスも!

新型コロナウイルスの影響で、直接お会いする料理教室やお箸の持ち方教室はお休みしていたんですが、色々なお声をいただいて、現在はオンラインでも開催しています。
対面ではない分、たくさんの地域から反響をいただいて全国から参加していただいています。中にはアメリカのボストンから、お箸の持ち方教室に参加してくださった方もいて!
ネットさえあれば、国内に留まらず世界中からつながるキッチンの講座を受けてもらえる、伝えられることを実感しました。

オンライン化で多くの方に見ていただけるようになった分、より身だしなみやファッションは意識していきたいですね。

YouTubeでも情報発信中!
「つながるキッチンチャンネル」で検索!

を見せて下さい!

Things in my bag

1. Bag

昔から愛用しているCELINEのカバファントム

2. Eco bag

3. Wallet

LOUIS VUITTONのモノグラム長財布

4. Pouch

TORY BURCHのポーチはイヤホンケースに

5. Card case

Roroma Classicの本革の名刺入れはネーム入り

6. Key case

コンパクトなLOUIS VUITTONの赤色のエピシリーズ

7. Pencil case

オフの日はインポートブランドKONTESSAの2WAYバッグがお気に入り。
ショルダーストラップが2本付いていて、気分に合わせて付け替えできるのも◎

8. Sunglasses

丸い形がモダンなCOACHのサングラス

9. Goods

マルチ使いができるドアオープナーはお母様からのプレゼント

10. Spray

ミニ消毒ボトルは必須アイテム

11. Tissue case

パーソナルアシスタント協会代表小林菜穂美さんからのプレゼント

12. Handkerchief

AGATHAのレースハンカチ

13. Mask case

フリーアナウンサーの岡島由佳さんからのプレゼント

1. Lip tattoo

Dior Addictのリップタトゥー

2. Lip balm

3. Accessories

LARICAのバロックパールのアクセサリーが今年のお気に入り

Fashion
Baton

Interview by    Kazuki Eto

Other Interviews

Fashion Baton Interview vol.11
戸田さと美さんの起業で変化したファッションと働き方

Other Contents

Fashion Baton Interviews
-ファッションを楽しみながら仕事をする女性たち-

seven dot TIPS
ファッションにまつわるマメ知識をお届け!

KIMAWASHI 1週間コーデ
広告代理店女子の”きちんと見え”着回しコーデ術