FASHION BATON
INTERVIEW VOL.8

関口明子さんのミニマルで

変化し続けるファッション

Introduction

SDGsや1億総活躍社会など、女性が仕事で活躍する機会が増える中、ライフステージの変化を迎えファッションに悩んだり、楽しむ女性達に今の想いをインタビュー。
好きな服を見つける方法、お気に入りのアイテム、バッグの中身を見せてもらうことで今の女性達のリアルなファッションをお届けします。

sd_intervievol.8_profile01

AKIKO SEKIGUCHI

関口 明子さん

1980年生まれ。ご自宅でフットケアセラピスト・ネイリストをされている5歳の娘さんのママ。普段から健康面を意識しており、料理はレトルト・冷凍食品を使わないそう。
身体を動かすことがお好きで、お仕事前のランニングが日課です。
Fashion Baton VOL.5 鈴木さんのご友人。

こだわりは

ーー普段はどのようなファッションが多いですか?

最近はオーバーサイズの洋服が流行っているじゃないですか? 年齢を重ねるにつれて合わないサイズを着ていると、だらしなさが出てしまう気がしていて。自分の身体にフィットするサイズを選んでいます。 柄物や色物は比較的少ないです。 アラフォーになると、あまりトレンドを意識し過ぎたファッションをしても合わないかなと思っていて、シンプル且つカジュアルなファッションが多いですね。 シンプルな分、素材感にこだわるようになりましたね。 今はリネンが凄く好きです。優しい素材で毛玉もできにくいですし、見た目も綺麗なんですよ! これからの時期にとても活躍する素材なので楽しみです。 なので冬場にフリースや裏起毛のアイテムは着ないです。 厚手の物を着込むのではなく、防寒のインナーをちゃんと着て、薄手のアイテムで効率良く寒さ対策をしています。

ご自宅でのお仕事の様子

ーー仕事とプライベートで服装の違いはありますか?

はい。ネイルケアの仕事を中心にしていて、自宅が職場なんです。
家だとON/OFFを付けにくい分、洋服を変えることで気分も変わるので意識しています。
白ベースのシャツなど優しい色味や明るい色味のアイテムを着るようにしていて、メイクもナチュラルに。自宅でやっている分、お客様にはくつろいでもらいたいと思い、自然な見た目を心掛けています。

休日は娘と公園で遊ぶことも多いので スニーカーにパンツを合わせる動きやすいコーディネートが多いです。
たまに娘が私と服装を合わせたいって言ってきて、一緒にデニムを揃えたり、ワンポイントをお揃いにしています。
そうしたら自然に主人も色味が近くなって、家族全員同じようなカラーになることも。
それにふと気付いた時は、ビックリしちゃいますね(笑)

お買い物は 意外な発見が

ーー普段のお買い物はどちらでされますか?

家族で買い物をすることが多く、ららぽーとによく行きます。
子供が遊べる場所もあるので、本当助かっていますね!
ちゃんと試着して洋服を選びたいので、主人に娘を見てもらって1人でじっくりお店を周ることも(笑)

たまに主人が「これいいんじゃない?」って洋服を選んでくれて、私が普段手に取らないような服を勧められるんです。でも着てみると「私こういう服着れたんだ!」って意外な発見もあったりして。
そういう時に男性目線の意見も大事だな〜と感じ、主人にもちょくちょく意見を聞きながらショッピングを楽しむこともありますね。

娘も最近は自分で「これが着たい」って言うようになって、もう女子なんだなって思います(笑)

娘さんとリンクコーデ

関口さんの成功アイテム

1.リネンブレンドパンツ #PLST

麻素材は着心地も肌触りも凄く良いんです。
ラインが綺麗に出るのもこのパンツの特徴で、スニーカーからヒールパンプスまで、靴を選ばないコーディネートができるので重宝してます。

2.しなやかフィットオペラ #GLOBAL WORK

ホワイトのフラットシューズでカジュアルになり過ぎない物を探していたら、店頭にディスプレイされていたので即購入した一目惚れのアイテムです!
ソールも硬すぎず、ストレスなく履けちゃいます。

Fashion
Baton

がイメージしやすい

ーー普段のファッションの情報はどこでチェックしていますか?

Instagramを見ることが凄く多いです。
ファッションアイテムを紹介をしている友人が多いこともあり、同じくらいの年代の方が紹介している投稿をチェックして、気になるアイテムやブランドがあれば詳しく見ています。

同じ年代で同じようなライフステージの方の洋服って、やっぱり取り入れやすいんですよね。 友人が着ている投稿だと、「あの人がこのサイズを着ているから私だと、、」自分に合うサイズや着た感じのイメージができるので、失敗もないんです。
なので毎日見ちゃいますね(笑)

VERYなどのファッション雑誌もたまに見るのですが、やっぱりモデルさんが着てるっていうのがあるので、SNSの方がより自分に近い着こなしがわかる気がします。

今回はオンラインでインタビューを行いました!

ライフイベントで起きた

ーーライフイベントを通してファッションに変化はありましたか?

20代の時はとにかく高いヒールを履いてカツカツ歩いてる、”ザ・OL”みたいな格好が多かったです(笑)
ブランドバッグの新作出たらその度に買っていて、その為に頑張って働いてます!みたいな感じでしたね。

それが30代になって結婚・出産を機に、ヒールも履かなくなり、子供に合わせた服装が多くなりました。
抱っこしやすかったり動きやすい洋服、あとは汚れてもショックを受けない価格帯の服を選ぶようにしていましたね。

その頃から生活面にも変化があって。
娘を妊娠した時に、食の大切さに気付いたんです。レトルトや冷凍食品は一切使わなくなり、低糖質、高たんぱくの食事を心掛けるようになりました。
今では家族みんなでパンや誕生日のケーキを作ったりして、作る楽しさや家族の時間を共有しています。
また、ここ数年は朝の運動が日課で、早朝に起きてランニングをしているんです。
ランニングの時には結構色物を着ることが多く、普段着ない色味なので凄く新鮮ですね。

食や運動を意識し始めてからは、身体の変化を凄く感じていて、綺麗に洋服を着るためにも、かかせない習慣になっています。

Fashion
Baton

ファッションの新たな

今年で40歳になって、娘も大きくなってきました。 ここ最近ファッションに対する考え方も大きく変わってきましたね。

流行り物を沢山買うより良い物を長く着ようって決めて、時間もあったのでクローゼットの中を思い切って断捨離しました。
多分以前の半分くらいになったんじゃないかなって思います(笑)

あとはこれも新しい試みで、お財布をやめたんです。
キャッシュレス決済を使い始めて、ポイントカードも全部アプリに。 細かいお金だけコインケースに入れて生活するようにしました。
お財布がなくなるだけで、バッグがかなり軽くなった気がしますね(笑)

これからも新しいファッションに挑戦したくて、今はホワイトコーデを着てみたいです! 子供が小さい時はどうしても白は汚れてしまう色で、絶対着れないなって思っていたので。
まだまだこれからも自分らしいファッションを楽しみたいですね。

を見せて下さい!

Things in my bag

1. Bag

お母さんから譲り受けた職人さん手作りのハンドバッグ

2. Coin purse

コンパクトなコインケースはLOUIS VUITTONのエピシリーズ

3. Pouch

リップや消毒液などを入れているミニポーチ

4. Card case

配色が素敵なカードケースは、ご主人からの贈り物

5. Handkerchief

馬車の柄がかわいいCELINEのハンカチ

6. Eco bag

スーパーでのお買い物が多いため、エコバッグはマストアイテム

AKIKO sekiguchi
×
seven dot

関口さんにseven dotのアイテムを着ていただきました!

2WAY ハイネックギャザーブラウス

ミモレ丈 ラッププリーツスカート

着てみたいとおっしゃっていたホワイトコーデに早速挑戦してくださいました!

袖コンシャスなデザインのトップスは、前後どちらでも着ていただける2WAY仕様。
オフホワイトのプリーツスカートと合わせたら爽やかな大人コーディネートの完成です。
オフィスシーンでも活躍してくれそう!

Fashion Batonのつながり

今回インタビューを受けてくださった関口さん。
ご友人の鈴木さん(Fashion Baton VOL.5)のInstagramを見てseven dotを知ってくださいました。いつまでも働く女性にオシャレでいて欲しいというブランドの想いにとても共感してくださり、今回インタビューをさせていただきました。
関口さん、鈴木さんありがとうございます。

Interview by    Kazuki Eto

Other Interviews

Fashion Baton Interview vol.7
友人が引き出してくれる!姜 颖さんの新しい自分ファッション

Fashion Baton Interview vol.9
永く大切に。山口りえさんの音楽とファッション

Other Contents

Fashion Baton Interviews
-ファッションを楽しみながら仕事をする女性たち-

seven dot TIPS
ファッションにまつわるマメ知識をお届け!

KIMAWASHI 1週間コーデ
広告代理店女子の”きちんと見え”着回しコーデ術