秋冬もブラウスを楽しみたい、暖かくブラウスの良さを活かした、オススメのコーディネート

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

寒い日が続くと、ニットに手が伸びがちでコーディネートがマンネリ化してきませんか?
実はブラウスは重ね着次第で、秋冬もたくさん楽しめるアイテムですが、寒そうだしどう組み合わせていいかわからず、「出番が少なくなった」という声も多く聞きます。

この記事では、秋冬でも楽しめるブラウスのコーディネートの方法をお伝えします!

ウールのジャケットを肩がけ

カーディガン感覚で合わせられる楽ちんなジャケットとの組み合わせがオススメです。
ジャケットに袖を通さず肩に羽織る着こなしも、リラックス感が漂ってクールな印象が今の気分です。
袖を通して着るのもシンプルに楽しめますが、袖のシワが気になることもあるので、ジャケットの肩がけはぜひ挑戦したいコーディネートです。

ジャケットの生地にウールが混じっていれば暖かさもプラスされて温度調整もしやすくなります。

今が旬!ジレを合わせる

ジレもここ数シーズン人気が出てきたアイテムです。
「どう着ていいのかわからない」というご意見も聞きますが、カーディガンと同じ感覚で楽しんでみてください。
カーディガンはニットの優しい印象になりますが、ジレは、直線的なシルエットでスッキリ楽しんで頂けるアイテムが多くなっています。

ジャケットやカーディガンに比べると袖がないので、動きやすく軽い着心地に感じるのもオススメなポイントです。

ショート丈からロング丈まで幅広い丈のものが発売されているので、気になるウエストまわりをカバーしてくれるのも嬉しいポイントです。

ブラウスの下にニットを合わせる

ニットの中にブラウスを合わせて、襟や裾を出すのは定番ですが、ニットの下でブラウスはシワになってしまいます。これではせっかくのブラウスが台無しに。

薄手のニットをインにして、ブラウスを上に重ねてみませんか?

ブラウスの下にニットを合わせれば、暖かさもプラスしブラウス本来のハリやデザインを楽しめます。
プチプラの薄手のニットを、ビッグシルエットのブラウスの下に入れるのもおすすめです。

※イメージコーディネート

素材によっては、静電気が起こりやすくなることもあるので、市販の静電気スプレーを生地と生地の接着面の中心に吹きかけると乾燥した時期にも気にせず、アイテムを楽しむことができます。

秋冬のブラウスコーデ、いかがでしたか?

seven dotは、オンにもオフにも楽しめるブラウスをたくさんご用意しています。
ブラウスはアイロンが面倒…という印象のかたでも簡単にお手入れできる方法やアイテムをご用意しています。

これからまだまだ寒い日が続きますが、ブラウスコーディネートをお楽しみください。

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest