seven dotおすすめの“一枚洗い” / アイテムのイージーケア

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest

素敵なアイテムが届いたのに、シワが多くてがっかりしたという経験はありませんか?
seven dotでも、なるべく良い状態でお届けしたいと思っていても、宅配でお届けするには折りたたむ必要があり、どうしてもシワが付いてしまいます。

なぜシワがついてしまうのか?到着してからどのような対応をとって頂くのが良いか?をこの記事ではご説明します。

なぜ、シワがついてしまうのか?

洋服は、立体的な体をイメージして作られていますが、お届けの際には2Dに折りたたむ必要があります。

3Dをイメージして作られた生地を完璧に折りたたむことは難しく、折りたたみジワとともに、生地が折り込まれてシワになってしまいます。

さらに輸送時には、他の荷物の下敷きになってしまうことも多く、日常生活で使う以上に生地に重みがかかり、シワが深くなってしまいます。

特にシワになりやすいのが、

シワになりやすい素材

天然素材:綿(コットン)・麻(リネン)
化学繊維:レーヨン・キュプラ
その他、薄手の生地

シワになりにくい素材

天然素材:ウール
化学繊維:ポリエステル・ナイロン

といった生地です。
他にもシワになりやすい素材の特徴は、反発性が弱いということがいえます。
反発性とは跳ね返る力で、この力が強いと力を加えて変形させても元の形状に戻ることができます。
この力を専門用語で「キックバック」と呼び、キックバックの良い生地はシワになりづらく、アイロンをかけなくても気になりません。

さらにシワになりやすい生地は水に濡れ、繊維と繊維の間に水分を吸収してしまいます。
その結果、水分を吸収したことで繊維の糸が太くなり、糸と糸の間の間隔がせまくなって変形します。
その結果、縮む状態になり、この縮みを直さず乾燥させると、衣類のシワになります。

到着したアイテムのシワをケアする方法

オンラインで購入したアイテムは、到着したら早めに梱包から出しましょう。
保管の仕方によっては、ビニールの袋に包まれたアイテムに湿気がこもることもあります。

宅配時のシワは、折ったことによってつくシワであることが多いため、着用時には同じようにシワになる心配はありません。特殊な環境によってつくシワとお考えいただくのが良いかと思います。

梱包から出してすぐに、スチームを当てると気にならなくなることがほとんどです。

seven dotがオススメする、シワになりづらい一枚洗い

スチームをかけても気になるシワは、一度お洗濯することをおすすめしています。
seven dotは、「はたらく」を1つのコンセプトに掲げるブランドで、シャツやブラウスといったアイテムを多く取り扱ってきました。
これらのアイテムをご紹介すると「アイロンが面倒」というお声を多く伺ってきました。

シャツを手がかからず、楽しめないかと考えてたどり着いたのが「一枚洗い」です。

お洗濯をする際に、ついつい洗濯物が溜まってから洗おうとしている方が多いと思います。
しかしシャツやブラウスといったシワが付いてほしくないアイテムは、他のものと分けて1枚で洗います。

「1枚でお洗濯すると、時間がかかってしまうのでは?」と心配されるかもしれません。
しかし、10枚で洗うよりも1枚で洗うほうがずっと早く洗い上がりますし、乾燥も早く終わります。

特に、コットンを多く含むタンクトップやTシャツはお洗濯のときに沢山の水分を吸収します。
こういったアイテムと一緒に洗濯機にかけてしまうと、水分を吸ったアイテムとぶつかりあったり、時には押しつぶされることで、よりシワができやすくなります。

一枚洗いは、他のアイテムとぶつからず、洗いのときもすすぎのときも、ゆったりした十分な空間がある状態で洗え、乾燥のときにもたっぷりと空気に触れるので、ふんわり仕上がりやすくなります。

一枚洗い、いかがでしたか?

seven dotスタッフは、大切なアイテムやアイロンをかけなくてはいけないアイテムは、一枚洗いで仕上げています。

意外に「初めて聞いた!」と驚かれることも多いので、ぜひ試してみてください。

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest